FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハの重要さ

ふぅ~ タカダアキコ先生のショー in Kagoshimaまであと1週間をきりました~~
ドキドキだ~~
1週間前という事もありちょっと高いけど、今日は近くの公民館を借りて自習練
踊ったときの髪型と衣装の確認をする為、本番通りの髪や衣装を着て参戦

衣装・・シンプルな為アクセサリーにひっかかったりなどの問題無し。


が、
髪型・・頭にお団子作る為 頭の辺りで手を動かす動作をするとひっかけそうになる・・(T-T)

簪・・・頭の上で扇子を回すと簪にぶつかる。。。。

Oh my goodness...

髪型はどうしようもないので、頭上の手の動きは顔の前で動かす事にヘコ
簪は最初左にさしてたけど、右にさしたら大丈夫だった。


ホッ。



本番前に本番と全く同じ服装で踊るって本当に必須だな~って改めて思った・



スポンサーサイト

Zaghareet

今日はDVDをごろ寝しながら、見ていたんだけど、このDVD↓でザガリート(レレレレレレ~)というあれ
の説明をしていた。
21_shimmies_store2s.jpg


このDVDに出てくるLeylaによると、ザガリートをする時に手を口にあてるのは 
オリエンタルの女性は何とか時代(←何時代かが聞き取れなかった。)悪いスピリットは口から出されると思っていたらしく、その為に口に手をあてるのだとか。
そのような事を言っていました。
あ~なるほどね~!
今まで口に手を当てるのは、舌が人様に見えるのが見苦しいからなのかな?とか勝手に思ってたけど、そういう意味があるんですね~~

ベリーダンスも一つ一つの動きに意味があったりするから本当に知れば知るほど、もっと興味がわくな~~
ちなみにザガリートの仕方の説明動画がありました。3分目あたりからです。

今日は休みだったので、鏡のある施設を借りて練習。

先日仕事仲間のパキスタン出身の男の人とお話ししたんだけど、ベリーダンスやモスリム、ハーレムの事など色々参考になるお話しを聞かせてくれました。
私はトライバルスタイルのベリーダンスが好きだけど、やっぱりベリーダンスのメッカである中東の文化や情報はベリーダンスを踊る一人であるわけだから、知っておくべきなんじゃないかな~って私は思う。

って、半人前でもない私が言ったところで貫禄ないし。。(汗

この間イベントでベリーダンスの知人に

「→(私の名前)○○ちゃんは、やっぱりトライバルスタイルの方がピンと来るよね~すごくカッコイイ」と言われ、

「あの~オリエンタルは?」と聞いたら

「オリエンタルもそれなりに良かったけど、トライバルの方が好き」

「・・・・・」ちょっと凹み。。

嬉しいような悲しいような。。

でも、嬉しかったのは上のオリエンタルを踊ったショーを見に来た県外の人から
「○○さん、ベリーダンスの先生だと思ってた~」と言われた事。
これは、今までベリーダンスを踊ってきたなかで一番嬉しかった一言。
なんだか、自慢になってる?ごめんなさい。(苦笑)

もっと、もっと頑張ります。はい。

先日アルカマラーニのMaha先生のレッスンを受けに相方とバスに揺られ、はるばる大分へ行ってきました~

DVDで見たそのままのマハ先生でした。
先生の人柄、レッスン内容大好きでした☆☆
レッスン内容は、シミーやフロアーワーク、アサヤの振り付けのレッスン

う~ん。私はやっぱり振り付け覚えるのに時間がかかるわ~~(涙)
MAHA先生のレッスンはただ、ベリーダンスの技術だけをするのでなく、リズムや中東の文化などを面白くレッスンに交えながらなので、すごく勉強になる!!
フロアーワークとシミー(レイヤリング)すごく楽しかった☆
フロアーワークはDVD内容と同じ感じの事を中心に、
シミーは私の大好きなシミーしながら、アンジュレーションやつまさきだちで何かしたりと面白かった♪♪

お話しする機会があったのだけど、MAHA先生はベリーダンス界の中ではすごいお方なんだけど、どこか素朴でかざらない、話しやすくて私はすごく好きなタイプの先生でした。





ATS

久しぶりの日記。
イベントを主催していて準備に追われていたここ1ヶ月。
アメリカよりアメリカントライバルスタイルベリーダンスを踊るダンサー sawakoを招いてのショー&WSが開催されたのだけど、すっごくわかりやすくてたった二日間のレッスンだったけど、
かなり沢山の事を吸収することができた。

内容は初日はATSの基礎 2日目はトランジッションやQの読み方、即興の練習など。
学習内容は
・ゴワジー
・エジプシャンターン
・パンプ チュチュ
・ターキッシュ
・ウォッシングマシン
・ヒップポップ
・アラビック
・リーチ&シット
・ヒップシミー
・ダブルパンプ、シングルパンブ
・ショルダーシミー
・タキシーム
・スネイクアーム
・ハンドフローリオ
・アームディップ
・キャメル
・サークルステップ
・リブサークル
・レレーナ
等。
先生の指導がすごく丁寧で、指導内容を細かく紙に書いたのを全員にプリントして配って下さったので、すっごくわかりやすかった~~
初ATSレッスンだったけど、前もってFCBDのDVDを見て予習していたので、案外すんなり動きに入る事ができた気がする。

ATSは、姿勢からしてキャバレースタイルとは違うし、キャメルやスネークアーム、ショルダーシミーにしてもキャバレーとは全然違ってびっくり。
でも、ATSはトライバルフュージョンの基となるのですっごく勉強になった~~

私はやっぱりトライバルスタイルが一番好きだな~~

 | BLOG TOP |  NEXT»»

アフィリエイト・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。